絶対音感について


絶対音感とは、何か手助けの音を聴かなくても、即時に「ドレミ」の高さが判別できる力です。


この能力を生まれながらに持っている人は、20万人に一人と言われていますが

聴覚が育つ時期に適切なトレーニングをしてあげると、どなたも身につけることが出来る力です。




《感覚神経の中で、最も成長が早いのが「聴覚」》


聴覚は、人間の感覚神経の中で、最も成長が早く

赤ちゃんはお腹の中にいる時から、外の音が聞こえていると言われています。

胎教にモーツァルトが良いとされるのもこのためです。


聴覚は、言語を覚えて話せるようになっていくのと同じ時期の

2歳児から著しく伸びていき、8歳には聴覚は完成してしまうと言われています。




《聴覚の成長》


聴覚は、反復学習で育ちます。


母国語を自然と話せるようになるのと同じように、毎日適切なトレーニングをしてあげることで

2歳~6歳半(色の旗を使いますので、色の識別が出来るようになった月齢)までの時期にお稽古をスタートした方は

誰でも絶対音感を身につけることが出来ます。



絶対音感があると、楽譜から音を読むだけでなく、ピアノレッスンで指示した内容にも理解力が早くなりますので

楽器上達のためには大きな力となってくれます。


また絶対音以外の楽器(弦楽器や声楽等)自分で音程を探らなくてはいけない楽器をお勉強されたい方は

絶対音感があると、曲の習得も早まりまた安定性も格段に変わってきます。


絶対音感を一度身につけた方は、その後楽器の学習を継続的に続けていけば、一生涯忘れることのない力となります。



《当教室での絶対音感指導は、2本柱》

①色の旗を使った音の識別レッスン 

②歌唱指導レッスン


他の絶対音感教室と違う点は、②の歌唱指導レッスンがある点です。

「拍子感」「リズム感」「うたごころ」「ブレスの感覚」「自然なクレッシェンド感、ディミヌエンド感」を

楽器を離れて実際に声で表現することは、楽器での音楽表現に直接つながり、とても重要と考えます。


うたうことが楽しめるお子さんは、楽器の演奏でも「うたう演奏」が出来るようになります。

しかしながら、時期を逃してしまうと、大きな声で歌うことが恥ずかしく感じる年齢が来てしまいます。


この前の時期に歌の大好きなお子さんに育ててあげることが、豊かな演奏を導くための、最も大切なことでもあります。



《絶対音感教育は、脳の発育も促します》

絶対音感を身につけた子どものIQは、そうでない子に比べ

10ポイント以上高いというデータは統計的に報告されておりますが


ドイツのハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドルフ校神経学科の

ゴットフリート・シュラウク博士らの研究グループの発表(アメリカの科学誌『サイエンス』1995年2月3日付)では

職業音楽家と音楽を学んだことのない素人を対象にMRIで左右の脳の状態を比較してみたところ


★音楽家の中でも絶対音感を持たない19名の脳は、素人の人たちとほとんど変わらなかったのに対して

★絶対音感を持つ11名は、左脳の側頭平面(言語の理解や数学的能力に深く関係していると考えられている箇所)

と呼ばれる箇所が、右脳の側頭平面に比べ、2倍近い大きさに発達していることがわかりました。




またモーツァルトやベートーヴェンといった偉大な音楽家たちだけでなく

歴史的に名を残した天才たち、ルネッサンスの偉大な芸術家であり科学者でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチや

医師であり神学者、哲学者、そしてオルガン奏者としても知られているノーベル平和賞受賞者のシュバイツァー博士

同じくノーベル物理学賞を受賞している相対性理論で有名なアインシュタインなども

絶対音感保持者だったといわれています。



『絶対音感』は、保護者のみなさまからお子さんに贈ることの出来る

最高の贈り物です。